パルマハム™についてI レシピ I パルマハム協会について
ITA | ENG | FRA | JPN
輸出市場I インフォメーションI お問い合わせ

保証

「パルマハム」の名は、長い熟成期間を経て最後に烙印される、消すことのできない特有の王冠マークが付いたものだけに与えられます。しかしながら、この最後の烙印は、長い識別行程の最後の段階に過ぎません。
協会の厳しい品質管理プランの各段階において、検査と証明が施されています。これはトレーサビリティーと呼ばれるものです。パルマハムのモモ肉一つ一つの足跡は、その皮の表面に付けられたシール、烙印、入れ墨によって明らかになっています。

生後30日以内に、生誕地、養豚業者コード、生誕月を示す消えない入れ墨を、子ブタの両後足の腿に施します。
続いてと畜場では切り分けた生のモモ肉一つ一つがチェックされ、識別コードの烙印を施します。「パルマ用」を意味する「PP」と、そのと畜場のIDです。
次に協会の頭文字CPPと加工開始年月が表示されたメタルシールが取り付けられます。
最後に、5つ星の王冠マークがIPQ検査官の厳しい管理の下で烙印され、ハムの品質を最終的に保証します。王冠マークと共に生産メーカーのIDコードも表示されます。